テーマ

開発と人権

日本の政府系機関や企業は、「開発」の名の下に資源確保やインフラ整備等を進めています。しかし、その「開発」により地域の生態系や住民の生活が回復できないほどに破壊される事態が起きています。それを防ごうとする人々が、国家や大企業による暴力や脅迫など深刻な人権侵害に直面することもあります。
住民が自分たちの手で未来を築いていくため、自由に意思決定のできる民主的なプロセスにより、住民のニーズに沿った決定が環境・社会・人権影響を回避・低減しながら行われる――そんな社会を目指し、現場の声をもとに国内外の大規模開発をウォッチし、政策提言を行っています。

2024.04.122024.04.12要望書・声明

日米比首脳会合に対するコメント:原発の押しつけと人権の保護なき鉱物資源開発に反対する

2024.04.052024.04.05要望書・声明

インドネシアNGOがJBIC及びNEXIにムアララボ地熱発電拡張計画への支援検討中止を要請「公正なエネルギー移行の名の下で、環境とコミュニティに悪影響を及ぼし、人権侵害を引き起こす事業に支援しないで!…

2024.04.022024.04.02活動報告

【4/1 アクション報告】嘘でないなら裏がある?ミャンマー軍を利する日本の公的資金を止めて!-官邸前アクション

2024.03.262024.03.26イベント

嘘でないなら裏がある?ミャンマー軍を利する日本の公的資金を止めて!-官邸前アクション

2024.03.112024.03.11要望書・声明

プレスリリース:ODA円借款事業受注企業のミャンマーでの人権配慮に関する質問状への回答

2024.02.292024.02.29イベント

連続セミナー:ミャンマーからの声を聞く 第3回「脅かされる川と暮らし 紛争地域での開発の見えない代償」

2024.02.272024.02.27要望書・声明

インドネシア・ソロワコ・ニッケル開発の拡張計画についてVale主要株主に書簡提出「国際規範に沿わない探査の再開はストップして!」

2024.02.162024.02.16ブログ

バイデン政権によるLNG輸出許可一時停止の意味とは

2024.02.152024.02.15活動報告

【Fair Finance Guide Japanブリーフィングペーパー/FoE執筆協力】「グリーンローン」の裏で~インドネシア、ソロワコ・ニッケル鉱山開発・製錬事業タナマリア鉱区探査・採掘拡張計画に…

私たちが取り組む

環境問題のテーマ