テーマ

開発と人権

日本の政府系機関や企業は、「開発」の名の下に資源確保やインフラ整備等を進めています。しかし、その「開発」により地域の生態系や住民の生活が回復できないほどに破壊される事態が起きています。それを防ごうとする人々が、国家や大企業による暴力や脅迫など深刻な人権侵害に直面することもあります。
住民が自分たちの手で未来を築いていくため、自由に意思決定のできる民主的なプロセスにより、住民のニーズに沿った決定が環境・社会・人権影響を回避・低減しながら行われる――そんな社会を目指し、現場の声をもとに国内外の大規模開発をウォッチし、政策提言を行っています。

2023.01.252023.01.25イベント

2/1(水)クーデターから2年ー官邸前アクション 日本政府は対ミャンマー政策の再構築を!

2023.01.162023.01.23イベント

【セミナー】日本政府の「GX戦略」はアジアの脱炭素化に貢献するのか?現地の声は

2023.01.122023.01.12アクション

【賛同のお願い】共同声明 クーデターから2年 日本政府は対ミャンマー政策の再構築を

2022.12.302022.12.30活動報告

インドネシア:ソロワコ・ニッケル鉱山開発・精錬事業とは?

2022.12.262022.12.26イベント

日本とミャンマー 市民の繋がりから未来を考える 連続セミナーと集会 第4回:日本からミャンマーに祈りを届ける集会

2022.12.262022.12.26イベント

日本とミャンマー 市民の繋がりから未来を考える 連続セミナーと集会 第3回:「平和と民主主義を求める思い。国際情勢の中でのミャンマー」 

2022.12.192022.12.19イベント

日本とミャンマー市民の繋がりから未来を考える 連続セミナーと集会 第2回:「日本からの国軍支援を止める。市民からのアクション」

2022.12.062022.12.06活動報告

【12/5 アクション報告】大事なことなので何度も言います!@外務省前ー日本政府は実施中のミャンマーODAを止めて!

2022.12.052022.12.05イベント

【世界人権セミナー】フィリピンにおける人権侵害は、いま ~ コロナ禍、選挙、開発の現場を歩いて

私たちが取り組む

環境問題のテーマ