トピック

鉱物資源

食器やコインをはじめ、携帯電話やパソコンなど、私たちが普段何気なく使っている身の回りのものには、様々な金属が使われています。また、気候危機への対策として化石燃料からの脱却が急務な中、再生可能エネルギーや電気自動車(EV)の普及が急速に進められようとしており、蓄電池などの原料として「鉱物資源」の需要拡大が見込まれています。
しかし、その鉱物資源の採掘の現場では、貴重な生態系の破壊や森林伐採などの環境問題、また、そこに暮らす先住民族の伝統的な文化、生活、命が奪われるなど深刻な人権侵害が起きていることをご存知でしょうか。

FoE Japanは、フィリピンやインドネシアなどで日本の官民が行ってきた鉱物資源の開発現場で起きている環境・社会・人権問題の解決に向け、現地住民・NGOとともに調査・提言活動を続けています。

2022.12.302022.12.30

インドネシア:ソロワコ・ニッケル鉱山開発・精錬事業とは?

2022.12.052022.12.05

【世界人権セミナー】フィリピンにおける人権侵害は、いま ~ コロナ禍、選挙、開発の現場を歩いて

2022.11.212022.11.21

【パラワンの森を守ろう!】鉱山問題に取組むフィリピンNGOから署名協力のお願い

2022.11.162022.11.16

インドネシア・スラウェシ島NGO連合の声明「熱帯雨林や住民を守るため、ニッケル生産への投融資停止を。森林を破壊して原料を得る電気自動車は気候変動対策にはなりえない」

2022.04.212022.04.21

寄付のお願い:ニッケル開発事業から土地・生活を守ろうとしてきたインドネシア・南スラウェシの女性たちに支援を!(2022年5月31日まで)

2022.04.132022.04.13

【オンライン現地報告会】インドネシアから届いたSOS―50年のニッケル鉱山開発がもたらしたものは?

2022.03.042022.03.04

連続セミナー: 低炭素技術とSDGs ー 気候対策だけでは済まされない企業の社会的責任とは

2022.03.042022.03.04

連続セミナー: 低炭素技術とSDGs ー 気候対策だけでは済まされない企業の社会的責任とは

2022.03.042022.03.04

連続セミナー:低炭素技術とSDGs ー 気候対策だけでは済まされない企業の社会的責任とは

私たちが取り組む

環境問題のテーマ