テーマ

バイオマス

再生可能エネルギーの一つとして導入が進められてきたバイオマス発電ですが、木質ペレットやパーム油など、燃料の多くは海外から輸入されています。需要の急増にともなって、貴重な天然林が伐採されたり、生物多様性が破壊されたりすることが問題となっています。気候変動対策という点からいっても、長い時間をかけて形成され、地上部にも地下部にも大量の炭素を貯留している森林を破壊してしまっては、かえって大気中の二酸化炭素を増やすことにもつながってしまいます。これでは本末転倒ではないでしょうか?

2022.05.102022.05.10

保護中: 【5分でわかる】バイオマス発電の7つの不都合な真実

2022.04.212022.04.27活動報告

何が問題? G-Bio石巻須江バイオマス発電所

2021.10.272021.10.27要望書・声明

資源エネルギー庁およびバイオマス持続可能性ワーキンググループにバイオマス発電のFITガイドラインに関する要請書を提出

2021.10.152021.10.15要望書・声明

G-bio石巻市バイオマス火発に、日・モザンビークのNGOから中止要請 燃料生産にモザンビークの広大な土地を占有 「形を変えた植民地主義」と批判

2021.08.112021.08.11活動報告

バイオマスの問題点

2021.06.282022.04.20要望書・声明

G-bio石巻須江バイオマス火力発電所のFIT認定取り消しを求める要請書を提出

2021.05.142021.05.14活動報告

【プレスリリース】レポート「バイオマス発電は環境にやさしいか? “カーボン・ニュートラルのまやかし”」を発行

2021.04.272021.04.27要望書・声明

【プレスリリース】バイオマス混焼の石炭火力発電の増加に強い懸念を示す声明発表「石炭火力を延命させ、GHG排出増・森林生態系破壊の原因にも」

2021.04.162021.04.16要望書・声明

【プレスリリース】国内外23の環境NGO、バイオマス発電の事業計画策定ガイドライン改訂に関する共同声明発表

私たちが取り組む

環境問題のテーマ