プロジェクト

HISパーム油発電

旅行大手エイチ・アイ・エス(H.I.S.)が、宮城県角田市でパーム油を燃料とした火力発電事業を行っています。

本事業は年間7万トンものパーム油をマレーシアまたはインドネシアから輸入します。パーム油生産のためのアブラヤシ農園の拡大は、東南アジアにおける熱帯林破壊の最大要因とも指摘されてきました。多様な樹種から構成される熱帯林が一度伐採され、単一のアブラヤシが植えられる農園になると、もともと熱帯林に生息していたオランウータンやゾウなどの野生生物が生息できなくなり、生物多様性が失われます。また、熱帯林は、大量の炭素を蓄えています。地上の炭素の3割を貯留するともいわれる泥炭地を開発してプランテーションが造成されてしまうこともあります。また、パーム油の製造過程では農薬や化学肥料が多用され、搾油工場での加工や廃液処理など多くの行程で温室効果ガスが排出されます。

このため、パーム油を燃料とする発電は、化石燃料の火力発電所以上のCO2を排出し、気候変動を加速させます。

 

HISパーム油発電

 

2021.08.112021.08.11

バイオマスの問題点

2021.06.282022.04.20

G-bio石巻須江バイオマス火力発電所のFIT認定取り消しを求める要請書を提出

2021.04.162021.04.16

【プレスリリース】国内外23の環境NGO、バイオマス発電の事業計画策定ガイドライン改訂に関する共同声明発表

2020.12.222020.12.22

【声明】H.I.S.のパーム油発電所の本格稼働に抗議する~熱帯林を破壊し、気候危機を加速化させる~

2020.11.112020.11.11

【見解】バイオマス発電は「カーボン・ニュートラル(炭素中立)」ではない

2020.10.302020.10.30

生物多様性条約第10回締約国会議から10年かつてない生物多様性の危機に直面する私たち

2020.08.312020.08.31

【プレスリリース】世界15カ国35の環境保護団体、H.I.S.の株主に対してパーム油発電所の中止への働きかけを要請「株主としての責任を」

2020.08.282020.08.28

32の環境保護団体、H.I.S.に対してパーム油発電所の中止を改めて要請「熱帯林を破壊し、気候変動を加速させる」

2020.08.212020.08.21

オンラインセミナーシリーズ:バイオマス発電の持続可能性を問う-FIT制度への提言

私たちが取り組む

環境問題のテーマ