プロジェクト

チレボン石炭

インドネシア・西ジャワ州で日本、韓国、インドネシアの合弁企業が進めているチレボン石炭火力発電事業は、生計手段や健康への影響を懸念する住民が反対を続けてきましたが、国際協力銀行(JBIC)・民間銀行団が融資し、1号機の商業運転が2012年から開始されました。

「この村では多くの人が、小規模な漁業、さまざまな貝の採取、塩づくり、小エビのペースト作りなどで生計を立てていましたが、1号機の建設によって甚大な影響を受けました。石炭火力発電事業の始まる前は、さまざまな収入源があり、ここの住民の生活はずっと楽だったんです。」

生活の糧を失うなど、すでに実害を被った住民も多く出ているなか、現在、さらに巨大な2号機の建設が進められています。JBIC・民間銀行団や日本の出資企業(丸紅やJERA)は、住民の懸念の声を軽視したまま事業を進めてよいのでしょうか。事業関係者の贈収賄事件も起きています。

 

チレボン石炭

 

2021.04.262021.04.26

【プレスリリース】インドネシアの市民団体がチレボン石炭火力の環境・人権・汚職問題でオランダのING銀行に苦情申立てを提出

2020.11.092020.11.09

インドネシアとバングラデシュの市民団体、日本政府・JICAの石炭支援停止を求めて仏政府に確固たる姿勢をとるよう要請

2020.07.162020.07.16

【FoE現地報告会シリーズ5】インドネシア・チレボン石炭火力 ~「Dirty」ビジネスに抗う住民たち

2020.04.132020.04.13

国会審議:石炭火力発電の輸出支援は止めるべき ― 問題山積のインドネシアベトナム案件を議論

2020.01.292020.01.29

チレボン及びインドラマユ石炭火力 住民らがインドネシア汚職撲滅委員会に「徹底捜査」を要請

2020.01.142020.01.14

「JBICの貸付停止は急務」 現地住民グループが書簡提出

2010.01.012010.01.01

インドネシア・チレボン石炭火力発電事業とは?

2000.01.012000.01.01

さらに古い記事を見たい方はこちら(旧サイトへ遷移します)

私たちが取り組む

環境問題のテーマ