トピック

ガス

気候変動を食い止めるためには、遅くとも2050年までに世界の温室効果ガスの排出を実質ゼロにする必要があります。つまり化石燃料の一つであるガスも無くしていく必要があるのです。ガスは石炭に比べて温室効果ガスの排出が少ないことから、再生可能エネルギーが普及するまでの「つなぎ」と言われてきました。しかし、ガス開発による温室効果ガスの排出は過小評価されているとの指摘もあります。また、ガスの開発による環境影響はとても大きく、近年フラッキングと呼ばれるガス採掘方法は各国で禁止され始めています。また、採掘したガスを運ぶためのパイプライン敷設は先住民族の土地で行われることも多く、先住民族に対する人権侵害も報告されています。

2022.11.012022.11.02

プレスリリース:29カ国55団体が日本政府の「誤った対策」に反対の声 COP27で化石燃料事業への支援停止を表明するよう要請

2022.11.012022.11.01

インドネシア市民社会団体から日本政府に要請書提出:「『公正なエネルギー移行』の名の下にインドネシアでの化石燃料の延命や環境・生活破壊はもう止めて」

02_水素・アンモニアの主な調達先

2022.10.072022.10.11

グレーなのに「クリーン」? 水素・アンモニアは 脱炭素の切り札にはならない

2022.09.272022.09.27

【ブログシリーズ 東南アジアのガス開発】第2回 ガスと地球を燃やす日本マネー

2022.09.212022.12.13

【プレスリリース】14カ国47団体が日本のGX戦略に反対の声 化石燃料にまみれたGX戦略は脱炭素化を遅らせる

2022.09.212022.09.26

【共同声明】日本政府のGX戦略は化石燃料まみれ 水素・アンモニア混焼およびLNGのような「誤った対策」ではなく真の脱炭素支援を

2022.09.202022.09.20

【ブログシリーズ 東南アジアのガス開発】第1回 気候変動と化石燃料ガス

2022.08.312022.09.30

オンラインセミナー:EUタクソノミーとドイツ脱原発 ー気候、原発、エネルギー安全保障をめぐる議論のゆくえー

2022.06.302022.07.07

投資家たちが日本企業に迅速な気候変動対策を要求

私たちが取り組む

環境問題のテーマ