プロジェクト

イリハンLNG

地球上、最も生物多様性豊かな海洋生息環境の一つとして知られるフィリピンのヴェルデ島海峡(The Verde Island Passage: VIP)――いま、その海洋生態系が、一連のガス開発事業の計画によって甚大な被害を受けるとともに、その周辺で小規模漁業や観光業を生業としてきた住民の生活もより苦しくなるのではないかと、事業に対する強い反対の声が現地で上げられています。

そうした計画の中には、日本の国際協力銀行(JBIC。日本政府100%出資)と大阪ガスが共同出資している企業が推進する「イリハンLNG輸入ターミナル事業」も含まれています。ルソン島の電力安定供給のため、ターミナルに隣接する既存及び新規のガス発電所への液化天然ガス(LNG)供給が目的とされています。しかし、VIPの海洋環境への影響、住民の生計手段への影響、開発プロセスにおける適切な住民参加の欠如、化石燃料の利用による気候変動への影響など、多くの懸念の声を軽視したまま事業を進めてよいのでしょうか。

 

イリハンLNG

 

2023.01.162023.01.23

【セミナー】日本政府の「GX戦略」はアジアの脱炭素化に貢献するのか?現地の声は

2022.12.122022.12.15

【プレスリリース】フィリピンのLNGターミナル建設現場で道路崩落事故 ~ JBICに即時工事停止と事業撤退を再要請

2022.11.162022.11.17

【プレスリリース】フィリピンと日本の環境団体、日本のJBICに対しバタンガスLNGターミナルへの支援撤回を要請

2022.10.192022.10.20

【プレスリリース】海洋生態系の破壊と違法性の問われるフィリピンLNGターミナル開発―国際協力銀行は工事の即時停止と出資引き揚げを!

2022.10.062022.10.06

【ブログシリーズ 東南アジアのガス開発】第3回 海のアマゾンと暮らしを破壊?

2022.09.272022.09.27

【ブログシリーズ 東南アジアのガス開発】第2回 ガスと地球を燃やす日本マネー

2022.09.202022.09.20

【ブログシリーズ 東南アジアのガス開発】第1回 気候変動と化石燃料ガス

2022.06.082022.06.08

世界海洋デー:ガス開発から「海のアマゾン」を守ろう!ーフィリピン市民団体がガス開発による海洋生態系への悪影響に警鐘

2022.06.082022.06.08

【フィリピン市民団体のプレスリリース】化石燃料への融資終了に合意したG7コミュニケへの日本の参加を受け、JBICに対し生物多様性ホットスポットでのLNG開発事業から撤退するよう要請

私たちが取り組む

環境問題のテーマ