トピック

原発輸出

原発の輸出は、大規模でリスクが大きく、相手国のエネルギー政策を大きく左右し、安全保障上も特別な配慮が必要とされるため、民間企業のみで行うことは困難です。また、リスクとコストが大きいことから、原発を輸出したい日本の企業やそれを支援したい銀行に対し、公的資金でバックアップするという体制もとられていました。しかし現地の反対や莫大なコストがかかることから、これまで日本の官民が進めてきた原発輸出の事業はほとんど頓挫しています。

2022.08.252022.09.06

クラファンはじめました!原発事故の風化を防ぎたい!「ふくしまミエルカPROJECT」の継続に皆さまのお力を

2022.04.062022.04.06

【抗議声明】国際協力銀行によるニュースケール社出資に抗議 – SMRでも、放射能汚染、核廃棄物、事故リスク、テロや戦争リスク変わらず

2022.01.312022.03.15

国際シンポジウム:3.11から11年ー福島と世界の今を知り、核なき未来をつくろう

2020.09.162020.09.16

【声明】日立製作所の英ウィルヴァ原発事業からの完全撤退を歓迎「原発はもはや経済的にも社会的にも成り立たない。国際社会は脱原発を」

2020.03.022020.03.02

「福島の今とエネルギーの未来 2020」発行

2017.07.202017.07.20

【声明】誰も安全を確認しない原発輸出の無責任体制

2015.11.102015.11.10

原発輸出って?原発輸出の現状と問題点

2010.01.012010.01.01

原発輸出に関するさらに古い記事を見たい方はこちら

私たちが取り組む

環境問題のテーマ