トピック

損失と被害

気候変動の影響は、平均気温や海面の上昇、降水パターンの変化から森林火災の増大、海洋酸性化など環境や生態系への影響は多岐にわたります。またその変化は局所的で地域により異なります。 マングローブを植える、自然の防波堤であるサンゴ礁の保存で沿岸を守る、渇水に備えた地域の灌漑を改良する、 より高温に耐える作物種へ移行するなど、適応策は多岐に渡り地域や国によってニーズが違います。 こういった適応策への支援が求められる一方で、排出削減が進まないと適応しきれなくなる適応の限界を世界の科学者が指摘しており、既に適応の限界を超えて生じた気候変動による「損失と被害」に対応する必要性が指摘されています。

2021.11.182021.11.18

COP26グラスゴー会議 ―バランスを欠く合意に途上国は失望

2020.12.152020.12.15

気候変動アクションマップ「System Change not Climate Change – 気候正義のために立ち上がろう!」

2020.12.062020.12.06

10代・20代向け!気候危機オンライン連続セミナー「スクール・オブ・サステナビリティ」開催のお知らせ

2019.09.262019.09.26

Climate Justice(気候正義)とは

2017.02.152017.02.15

気候変動とは

2010.01.012010.01.01

気候変動による損失と被害 フィリピン

2010.01.012010.01.01

気候変動による損失と被害 インドネシア

2010.01.012010.01.01

気候変動による損失と被害 スリランカ

2010.01.012010.01.01

気候変動による損失と被害

私たちが取り組む

環境問題のテーマ