トピック

避難

福島第一原発事故後、16万人以上もの人々が故郷を離れ、避難を強いられました。10年以上経った現在もなお、約3万人以上の人々が避難生活を強いられています。避難指示区域外からの避難者をカウントしていない自治体もあることなど、この数字からもれている避難者も多くいます。国や福島県は帰還促進政策をすすめてきました。避難指示区域は次々に解除され、避難者への住宅提供など各種の支援も打ち切られています。避難者にとっては、帰還せざるをえない状況がつくりだされていることも事実です。

2022.03.252022.04.01

「福島の今とエネルギーの未来 2022」発行

2022.01.312022.03.15

国際シンポジウム:3.11から11年ー福島と世界の今を知り、核なき未来をつくろう

2020.12.172020.12.17

【プレスリリース】福島県大熊町から新潟県に避難した大賀あや子さんのお話を7言語で公開「入居する直前にあの事故が起こりました・・・」

2020.03.112020.03.11

【声明】福島第一原発事故から9年~「オリンピック」で覆い隠してはならない被害の実態

2020.03.022020.03.02

「福島の今とエネルギーの未来 2020」発行

2016.04.262016.04.26

住民の意思と被ばくリスクを無視した帰還促進政策

私たちが取り組む

環境問題のテーマ