トピック

気候変動政策

日々深刻になる気候変動の被害…気候危機を食い止めるためには温室効果ガス排出量の削減だけでなく、気候変動に対応し適応していく政策、そして既に生じている被害に対応する政策などが必要です。

FoE Japanは日本の気候変動政策に対し、気候正義に基づいた対策のあり方を提言し、排出削減強化や人権や環境に配慮した持続可能な途上国支援を行うよう求めています。

2022.11.212022.11.21

COP27閉幕 – 損失と被害に対する基金設立は歴史的一歩であるものの、その他の結果は危険なほど弱いものに

2022.11.162023.07.10

化石燃料からの公正で、迅速なジャスト・トランジションを

2022.11.142022.11.14

一週目終了 – COP27は「アフリカCOP」なのか

2022.11.092023.07.10

気候資金と化石燃料ファイナンス – 日本は最大の化石燃料事業支援国

2022.11.062023.11.27

COP27シャルム・エル・シェイク会議

2022.11.062023.07.10

COP27開幕目前 – 議長国エジプトは「実施(行動)のCOP」と位置付け

2022.11.012023.07.10

プレスリリース:29カ国55団体が日本政府の「誤った対策」に反対の声 COP27で化石燃料事業への支援停止を表明するよう要請

2022.10.252023.07.10

バイオマス発電が森林を壊す?-EU再生可能エネルギー指令の改定(REDIII)で問われていること

2022.10.222023.07.10

10/27岸田政権の原発推進方針に声を! COP27 を前に~気候危機と原発~オンライン記者会見

私たちが取り組む

環境問題のテーマ