Climate Justice(気候正義)とは

気候変動

少数の裕福な国や人々が化石燃料や原発などのエネルギーを大量消費し、持続可能でない経済発展を押し進めて来た事で、気候変動とエネルギー危機が悪化しています。
地球温暖化により異常気象や自然災害が多発し、とくに農業や漁業等天候や自然災害に影響を受けやすい生計手段に頼って生活する人が多い途上国では、気候変動によりすでに大きな被害をうけています。また災害に対する備えが十分ではなく、ガバナンスも弱い地域では、ますます貧困化がすすんでしまいます。今後温暖化が進めば、その損失と被害はさらに大きくなると予測されています。
世界の一部の人々が化石燃料を大量消費する一方、世界にはエネルギーなく生活している人がいます。

Climate Justice (気候の公平性)とは、先進国に暮らす人々が化石燃料を大量消費してきたことで引き起こした気候変動への責任を果たし、すべての人々の暮らしと生態系の尊さを重視した取り組みを行う事によって、化石燃料をこれまであまり使ってこなかった途上国の方が被害を被っている不公平さを正していこうという考え方です。
気候変動防止の取り組みの中には、かえって環境を破壊したり人権を侵害してしまう取り組みも存在します。温室効果ガスの削減とともに、自然生態系や社会に配慮した取り組みを実施し、持続可能な社会の実現を目指します。

気候変動と格差
現在、世界の5人に1人(13億人)が電気のない生活をしています1が、温室効果ガス排出トップ10の国だけで、世界の排出量の7割に相当します2
国際NGO Oxfamの調査によると、世界の中で世界人口の10%に当たる裕福な人々が、個人消費による温室効果ガスの半分を排出しています(“Extreme Carbon Inqeuality, 2015") 。

気候変動アクションマップ「System Change not Climate Change!」

世界にはClimate Justiceのため立ち上がるたくさんの仲間たちがいます。
私たちは気候の危機だけでなく、差別や格差の拡大、貧困など様々な問題に直面していますが、世界の仲間たちは様々な方法で危機に立ち向かっています。
このマップは、私たちが直面する様々な危機について、そして解決策やすでに広がっている取り組みについて、マップにまとめました。
みなさんも是非このマップをみて、私たちに何ができるか考えてみませんか?

サイズ:A1
カラー:両面4色刷り(見本 A面B面
一枚300円で販売しています。ご注文はこちらから。
送料一律200円。2000円以上の申し込みで送料無料になります。

気候正義について知る・広める

【気候正義パンフレット改定しました!】2019.11.21
FoE Japanでは、世界ですでに生じている気候変動の損失や被害を日本で広め、先進国としての責任や支援の在り方について普及啓発活動を行っています。
気候正義について、わかりやすくまとめたパンフレットを作成しました。
画像をクリックし、ダウンロードしてご自由にお使いください。

古いバージョン(2019.9)のパンフレットはこちら

勉強会や集会などで配りたいという方がいらっしゃいましたら、まとめて送付も行っています。件名に「気候正義パンフ申込」と明記の上、枚数、送り先をメール(info@foejapan.org)もしくはファックス(03-6909-5983)でお知らせ下さい。

パンフレットは無料で送付しておりますが、カンパも大歓迎です。FoE Japanの気候正義の活動にご支援頂ける方は、こちらのページからお手続きください。FoE Japanは認定NPO法人のため、寄付は控除の対象になります。

『気候変動から世界をまもる30の方法ー私たちのクライメート・ジャスティス!ー』も刊行!

合同出版とFoE Japanは、深刻化する気候変動について知り、学び、行動を起こすきっかけとなるような入門書を編集しました。
各国の最前線で活躍する研究者・活動家が、小中学生もわかるように解説しています。

★本の概要はこちら★
『気候変動から世界をまもる30の方法−わたしたちのクライメート・ジャスティス!−』
・出版社:合同出版
・出版年月日:2021年1月15日
・ISBN:9784772614450
・判型・ページ数:A5・144ページ
・定価:1,800円+税

*出版を記念し、執筆者を招いたオンライントークを開催しました。
#出版記念オンライントーク『気候変動から世界をまもる30の方法★ わたしたちのクライメート・ジャスティス!』

FoE グループが求めるClimate Justice

•先進国は温室効果ガス削減の責任をより大きく負っている。排出量を大幅に削減し、ゼロへ近づけていこう。
•先進国は歴史的な温暖化への責任を果たし、温暖化の影響を受けやすい途上国を支援しよう。
•化石燃料の消費を減らし再生可能エネルギー・省エネにシフトしよう。
•温暖化への取り組みでは、十分に自然や生態系、社会、人権に配慮しよう。

1. An Energy Revolution is Possible, FoE International, 2015, PDF
2. Global Carbon Project, 2016年2月8日参照

関連ページ
•FoE Internationalの気候の公平性とエネルギープログラム(CJE) のページへ(英語サイト)
気候変動の損失と被害

 

関連するプロジェクト